• HOME
  • 同窓会概要会則
  • 会長の挨拶役員一覧
  • 同窓会協力金
  • INFORMATION
  • 事務局からのお知らせ
  • 開設70年事業ウェブサイト
  • 第3回合同懇親会の様子
  • 『以前』Ⅰ『以前』Ⅱ
  • 名簿登録フォーム
  • お問い合わせ
  • 外部リンク
  • 1 2 3 4 5


    慶應義塾施設閉鎖に伴う同窓会業務休業のお知らせ

    2020年04月04日 更新

    慶應義塾は、4月3日付にて4月7日(火)~4月20日(月)まで

    各キャンパスへの立ち入り及び各施設の利用を原則禁止とする通達を

    いたしました。

    これにより信濃町キャンパス、病院を除く全施設へは立ち入れなくなり、

    高等学校は休校、部活禁止となり同窓会事務室も利用できませんので

    業務休業といたします。

    お急ぎのご用はメールにてご連絡頂ければ出来る限り対応いたします。

    (メールアドレス:info@jukuko.jp)

    取り急ぎお知らせ申し上げます。

     

    詳細は以下にてご確認下さい。

    https://www.hs.keio.ac.jp/news/news_detail.php?news_id=1585909994

     

    みなさま 呉々もご自愛専一にてご無事にお過ごしください。

    会報誌JK19号の掲載ミスのお詫びと訂正

    2020年04月03日 更新

    この度発刊いたしました会報誌『JK』19号84ページ

    第16回JKカップ賞品ご提供者欄の16番目が15番目と

    同じ名前が入ってしまいました。お詫びして訂正します。

    正確には、

    太田 宗志  有限会社 玉翠館

    です。

    太田宗志(56期L組)さんは、当日伊豆熱川温泉の同旅館の招待券及び

    同グループ旅館の割引券を大量に持参の上プレイにもご参加戴きました。

    誠に申し訳なくお詫び申し上げるとともに上記の通り訂正いたします。


    2020年度第17回JKカップゴルフ大会についてのお知らせ

    2020年03月28日 更新

    春到来とは言え重苦しい空気に覆われているような大変な状況の毎日ですが、

    お元気にお過ごしのことと拝察申し上げます。

    さて間もなく皆様のお手許に塾高同窓会会報誌『JK』19号(2020spring号)が

    届くかと存じますが、その中に例年通りJKカップゴルフ大会の案内が同封されて

    居ます。6月の第1土曜日6月6日で案内しておりますが次のように変更致します。

    第17回JKカップゴルフ大会

    ご案内の6月6日(土)開催は中止し秋に延期します。

    10月24日(土)紫カントリークラブ 紫あやめ36 にて開催予定。

    但しその後の状況を見ながら再度ご案内いたしますが、情勢により

    中止する場合もありますので予めご承知おきください。

    みなさま 呉々もご自愛専一にてご無事にお過ごしください!

    慶應義塾高等学校第71期卒業式及び同期会結成式

    2020年03月28日 更新

    塾高71期生の卒業式及び同期会結成式が、325日規模を縮小して開催されました。

    既報の通り新型コロナウイルス対策として日吉会堂での式典は行わず、各ホームルーム

    クラスにて卒業証書授与となり、それに先立ち同期会結成式が日吉協育棟ラウンジにて

    開催されました。

    古田校長、関主事、石川、内田各同窓会担当の先生方、矢ノ目事務長、63期三浦君、

    68期吉村君、佐藤君、69期嶋田君、70期乃坂君、仲山君等も列席し、71期年度幹事2名に

    クラス幹事18名にそれぞれ委嘱状が同窓会村田事務局長より手渡され、卒業のお祝いと

    同窓会入会の歓迎を受けました。

    各委員は次の通りです。

    71期年度幹事 上田貴大 鈴木温義

    71期クラス幹事 A組 冨田 帝 B組 大庭椋介 C組 岡川歩武 D組 前中祐人

    E組 上野拳聖 F組 永井 卿 G組 秦 七伎 H組 田上大空 I組 松野清人

    J組 金澤圭城 K組 久米 慧 L組 武井 惇 M組 松原爽太 N組 山田修平

    O組 多加喜友輔 P組 中村健太郎 Q組 皆川知幸 R組 山本優斗 以上20


     

      

    日吉 記念館完成!

    2020年03月14日 更新

    日吉記念館が遂に完成しました。

    3月13日竣工式開催の予定でしたが、新型コロナウイルス対策として中止となり

    施工業者等への感謝状贈呈のみ執り行われました。

    せめてスッキリした外観の雄姿を写真でご覧ください。

    施工業者の鹿島さんから贈呈された、屋上に翻る塾旗が青空に印象的です。

     

    新型コロナウイルス対策

    2020年03月01日 更新

    慶應義塾高等学校では、3月25日開催予定の卒業式は日吉会堂での式典は

    中止とし、各自ホームルームクラスでの卒業証書授与となります。

    従いまして、例年同窓会主催で開催している卒業式直後の同窓会結成式も

    中止となります。同窓会71期年度幹事及びクラス幹事予定の皆様には

    折を見て直接委嘱状をお渡しいたします。

    学校は、3月2日より3月22日まで臨時休校となり、部活動も禁止となります。

    佐藤翔馬君 北島康介杯で大暴れ!

    2020年01月27日 更新

    JK18号(2019spring号)で掲載された水泳界のホープ

    佐藤翔馬君が昨日の北島康介杯水泳大会で大暴れ!!

    スポーツ紙を賑わせました。

    佐藤翔馬は北島康介級 「集中力とガッツそっくり」と平井氏

    200メートル平

    ◇競泳 北島康介杯 最終日(26日、東京・辰巳国際水泳場)

    男子200メートル平泳ぎは慶大1年の佐藤翔馬(東京SC)が2分7秒58の好記録で優勝した。

    昨年の世界選手権銅メダリストで前世界記録保持者の渡辺一平(トヨタ自動車)を破り、

    東京五輪代表に名乗りを挙げた。

    日本水泳連盟の平井伯昌競泳委員長は「ようやく10代で7秒台で泳ぐ選手が出てきた。

    彼の泳ぎは水しぶきからガッツを感じる」。日本のお家芸と言われる種目での18歳の台頭を歓迎した。

    教え子で五輪2大会連続2冠の北島康介を引き合いに出し「集中力とガッツがある所はそっくり。

    (北島が通っていた)東京SCから出てきたので、北島の後継者みたいな感じで、

    すごく見ていてワクワクする」と、笑顔で振り返った。

    さらに「集中した時の自分の力の絞り出し方が似ている。泳ぎのキレ、スピードは北島が上。

    互いにキックは強い。翔馬くんの方が頑丈でタフなところがある」と続け今後の伸びしろにも

    期待を寄せた。



    慶應義塾高等学校 第69期生 成人を祝う会

    2020年01月19日 更新

    1月13日成人の日に、本年も帝国ホテルに於いて嶋田幹太君を

    はじめとする幹事により塾高69期生成人を祝う会が開催され

    400名余の参加を得て、青木酒造から寄贈された鶴齢菰樽の

    鏡開きと共に解禁となった美酒を嗜み自らの成人を祝いました。

    早慶アイスホッケー定期戦(冬季)

    2020年01月19日 更新

    1月11日(土)東伏見ダイドードリンコアイスアリーナに於いて

    大学の本戦前に高校戦が行われ、塾高スケート部ホッケー部門は

    早稲田実業と対戦。第1ピリオド0-0から第2ピリオド1点を先取

    されるものの落ち着いた試合運びで第3ピリオド一気に4-1と逆転

    終わってみれば楽勝の感で、幸先の良い年明けとなりました。

    インターハイ初戦で早稲田実業と再び対戦する由、塾高ホッケー部の

    健闘を祈り上げたいと存じます。

    なお大学戦は、0-3と完敗でした。



    第185回福澤先生誕生記念会&新年名刺交換会

    2020年01月19日 更新

    1月10日、恒例の福澤先生誕生記念会が三田西校舎大ホールで

    大勢の塾員参加のもと盛大に開催されました。例年通り幼稚舎生

    による「福沢諭吉ここに在り」の合唱、ワグネル・ソサイエティ―

    の「日本の誇」と続き、長谷山塾長の年頭挨拶へと進みオリンピック

    パラリンピックイヤーに因み送り出す選手・サポート体制としての

    義塾の在り方と共に本年の指針を述べられ愈々2020年の義塾の

    スタートとなりました。

    本席上毎年発表される「小泉信三賞全国高校生小論文コンテスト」

    に於いて、久々に塾高生・3年の入江太一君が見事小泉信三賞を

    獲得、表彰されました。

    三田評論1月号に全文が掲載されます。


    本年2020は 春高バレーで幕明けです!!

    2020年01月19日 更新

    本年は三年振り2度目の出場を果たしたバレーボール部の

    活躍で賑々しく年の初めを飾ってくれました。惜しくも

    前回同様でベスト8入りを逃しましたが、部員諸君のその

    大奮闘ぶりは素晴らしく渡辺部長、宗雲副部長の指導と

    相俟って大いに讃えたいところです。

    会場が東京体育館から武蔵野の森総合スポーツプラザへ

    移動した為か塾高関係者の応援が大変少なく寂しいもの

    でした。もう少し同窓会も含めて広報に力を入れ選手諸君

    の健闘を応援したいと念じております。

    初戦 1月5日 慶應義塾2(25-21,21-25,25-8)-1北海道・恵庭南

    2回戦 1月6日 慶應義塾2(22-25,25-18,25-19)-1徳島科学技術校

    3回戦 1月7日 慶應義塾0(22-25.19-25)-2沖縄・西原高

    謹賀新年

    2020年01月19日 更新

    謹賀新年

    本年もよろしくお願い申し上げます